FX取引時間毎の特徴

    FXの魅力はなんといっても24時間取引可能な部分です!為替は世界各国で取引されていますから、24時間常に世界のどこかで取引されています。月曜日早朝にニュージーランドのウェリントンでオープンしてから、土曜日の早朝にニューヨークでクローズするまで、世界のどこかで活発に取引がされますから、週末以外は原則としていつでも取引が出来ます。いつでも取引が出来るという事はいつでも利益を生むチャンスがあるという事です(*^_^*)すごい魅力だと思いませんか?

    各時間帯毎に異なる特徴があるのでしっかりと把握して優位性のあるトレードを行いましょう!

    オセアニア時間

    早朝~昼過ぎ【5時~15時】

    この時間帯は市場に参加者が少なく、流動性の乏しい時間帯です。値動きも限定的で流動性の低さが市場に与える影響としてはスプレッドの広がりに注意する必要があります。

    基本的には値動きが限定されますが、経済指標や週末に特別な材料が発表された場合は大きく値動きする場合もありますので、ポジションを持ちこししている場合はこの取引時間帯は注意しましょう(*^_^*)ボラティリテーも高めでどちらに動くか読みにくい時間帯だと思います。

    値動きが活発な通貨:AUD/USD、NZD/USD、AUD/JPYなど

    東京時間

    朝~夕方【8時~17時】

    東京時間に入ってくると取引も活発になり、オセアニア市場時間帯と比べるとレートに動きも出てきます。特に9時55分に中値という一種のイベントがあるので、9時から9時55分まではドル円が大きく動く場合もあります。(※中値は金融機関が為替取引を行う時の目安となるレートです)この9時55分前後がアジア時間において重要だと覚えておきましょう(^_-)-☆

    ロンドン市場やニューヨーク市場はクローズしている状態なので、全体的には比較的おだやかな値動きになります。ただし、何らかの為替変動の材料(世界情勢不安・各国の政治ニュースなど)が発生した場合急激に相場が変動する事がありますので、注意が必要です。

    15時頃からは欧州のトレーダーが動き出すため、値動きが激しくなってきます。この時間帯では今までの相場から一転して相場が転換し始めることがよくあります。またこのタイミングで欧州の指標発表があると、さらに値動きが激しくなることもあるので気を付けておかなければなりません。

    値動きが活発な通貨:USD/JPY、GBP/JPY、GBP/CHFなど

    ロンドン市場

    昼過ぎ~深夜【15:00~1:00】

    為替相場が本格的に熱を帯びてくる時間帯で、ロンドンをはじめ、欧州勢の投資家が積極的に参加し、取引量が多くなり、ユーロ圏の経済指標が発表される事もあります。そのためその日の相場の方向性が見えてくる時間帯でもあります。また、今までの時間帯では個人投資家などがメインの時間帯でしたが、この時間帯から投機筋が急増します。乱高下を伴った投機的な値動きになるので、オセアニア・東京時間と同じ感覚でトレードするとかなり危険です(;^ω^)

    なので、ロンドン時間市場を見る時のポイントとしては、アジア時間の流れが続くのか?それとも、流れがガラッと変わるのかを意識する事が重要です。特にニューヨーク市場が開く21時~がもっとも取引量が多くなり、トレンドも発生しやすく、経済指標などによるレートの急な動きも多くなります。

    値動きが活発な通貨:USD/CHF、GBP/CHF、GBP/JPY、GBP/USDなど

    ニューヨーク時間

    夜~翌朝【21:00~5:00】

    この時間帯は相場が動意づく経済指標やイベントが多く、短期的なトレンドが発生しやすい時間帯となっています。またボラティリティーが高くなる時間帯なので、スキャルピングをメインとするトレーダーにとっては短時間で多くの利益を出しやすい時間帯となります。

    ある経済指標をきっかけに上昇したら、次の経済指標までその流れが続く傾向があります。

    ニューヨーク時間の後半(深夜)はロンドン市場が閉まることもあり、1:00頃から徐々に値動きが緩やかになる事が多くなります。その結果トレンド相場からレンジ相場に収束していく傾向があります。

    値動きが活発な通貨:USD/CHF、GBP/USD、GBP/JPY、GBP/CHFなど

    まとめ

    時間帯毎に動く通貨や値幅も大きく変わりますので、自分のスタイルに合わせた時間帯でトレードする事が重要です。

    初心者の方が初めにトレードするのであれば、東京時間が値幅も少なく、トレンドの方向性にそった取引がしやすいのでお勧めです。特にスキャルピングのような値動きが少ない状況でも利益を上げられる手法なら、相場の状況を確認して取引をしていみるのもいいと思います(*^_^*)

    逆に短時間で稼ぎたい!!という方はボラティリティが高いロンドン~ニューヨークの時間帯がおすすめです。この時間帯は                                    ・トレンドが発生しやすくトレードチャンスが多い。                           ・スプレッドが小さいので取引コストが抑えられる。                             といった利点もあります。

    まずは各時間帯のチャートをしっかりと見てから決めるのが一番です。短期間で利益を出そうとしてロンドンやニューヨーク時間でギャンブルのようなトレードをするのではなく、慣れるまでは東京時間などの比較的落ち着いた時間帯で、安定して勝つのが長くFXを続ける秘訣ではないかなと私は思います(∩´∀`)∩

    ↓参考になったって方だけでいいので、良ければクリックお願いします!(^^)!


    FX初心者ランキング ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

      コメントを残す

      メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

      CAPTCHA