過去検証の大切さ

    皆さんは自分の手法をお持ちですか?

    手法とは簡単に言うと、取引のルールのようなものです(*’ω’*)

    自分の手法をお持ちの方に質問です。その手法はどの様にして決めましたか?

    勝っている人がやっているから?適当に決めた?何度も勝てているから?その様な決め方でしっかりとルールを守る事が出来るでしょうか。私は難しいのではと思います。

    なぜならその方法でずっと取引を続けてこの先勝ち続ける事が出来るという保証が少ないからです。

    しかし、過去検証をする事でその保証を高める事が出来ます。

    ・なぜ過去検証をするのか?

    FXはファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の2つの分析でトレードを行います。

    ファンダメンタルズ分析は『その国の経済データを使用して相場を予測する分析方法ことを指します』

    対するテクニカル分析は、『チャートを見た上で、価格や値動きのサイクルに注目する分析方法』です。

    基本的にはスキャルピングやデイトレード・スイングトレードの期間でトレードするトレーダーはテクニカル分析をメインにチャートの分析を行いトレードしていると言われています。

    つまり過去に反発した箇所は同じ様に反発する可能性が高くなり、そういった箇所を見つけてトレードする事が大事になります。

    チャートの形・ローソク足の形も同じ様に考えられます。

    下降の包み足
    上昇の包み足

    例えば包み足が出た場合は反転しやすいなどが挙げられます。さらに移動平均線やボリンジャーバンドなどのインジケーターを使用し、どこで反発したりしているかを確認する事で優位性の高いトレードが出来るようになるのです。

    つまり相場は過去と同様の動きをしやすいというのが一番重要なのです。現在使用している手法(トレードルール)が過去も同じ様に機能していれば、今後も同じ様な成果を上げる可能性が上がりますよね?そのため必ず過去検証し、同じ様な結果・自分の思っているような結果になっている事を確認する事で、ルールを守りトレードする事が出来るようになるのです。

    どんなに優れた手法でも、ルールが守れなければ意味がありません。

    過去検証をするにあたって

    過去検証の仕方ですが、私はフォレックステスターを使用しています。

    過去の設定した日付からスタートする事で、実際にチャートがこの先どの様に動くかが見えないので、いつも通りトレードしている様に過去検証が出来ます。時間を早める事も出来るので最短のスピードで実施すれば1時間足がだいたい6秒くらいで出来ます。インジケーターやEAなども設定する事ができるので、様々な手法が試しやすいと思います。

    フォレックステスター

    ただしこちらは有料になっているのでこれから絶対にFXで稼ぐという意思の人以外は購入しない方がいいと思います。

    FXで絶対稼いでやる!と思っているけど、そこまで資金に余裕がないという方も心配しないで下さい。無料で過去検証を行う方法もあります(*^-^*)

    無料でする場合はMT4の導入をするのがいいと思います。

    おすすめはFXDDで過去10年以上のデータを取り込む事が出来ます。ただ口座開設が必要になるので一度ホームページを見てから判断するのがいいかなと思います。いちおう下にリンク先貼っておきます。

    他にも、短い時間足や短い時間軸でよければ、通常のチャートを遡る事である程度の検証は可能なので、自分が口座登録している証券会社のチャートを遡って使用するのもありだと思いますが、検証期間が短い場合、実際に運用してみると全然違う結果になる場合もあるので過度の信頼は持たない方がいいと思います。

    後は自分が決めたルールで過去のチャートで実際に取引した場合どうなるかの検証を行いましょう。必ず決めたルールで行う事が重要です。

    例えば『5連敗したからちょっと損切り位置を変更しよう』『5連勝したからルールよりも大きなロットでトレードしよう』などというのはいけません。

    必ず同じルールで実行しないと検証の意味がないので注意して下さい。

    ・優れた過去検証とは

    過去検証する舞台は整いましたか?では実際に検証を行って下さい。

    その際ですが、自分なりのオリジナルの検証ノートだったり、検証ファイルだったりを作成する事をお勧めします。

    なぜこれが必要なのかというと、

    例えば、手法を作成→検証スタート→検証結果が出た→結果あまり良くなかった→別の手法を作成 

    これではあまり意味がありません。

    意味がない事はないのですが、次々と全く別の手法を探すのではなく、自分に合った手法が大事だと私は思うからです。

    例えば移動平均線を手法に使用したいのであれば、初めに使用していた移動平均線が20MAだったのであれば、25MAで同じ様に検証してみたり、50MAで検証していたのであれば75MAで検証してみたりだとか、手法自体はいいのに、その手法に合ったインジケーターや利確目標・損切り設定がされていないと、優れた手法でも効果は出ません。

    なので、私が思う優れた過去検証は、

    手法を作成→検証スタート→検証結果が出た→結果があまり良くなかった→検証数を増やしてみる→インジケーターの数値を変えてみる→利確目標・損切り位置を変えてみる→結果があまり良くなかった→別の手法を作成する。

    この様に、何度も改善をして効果があまり良くない場合に初めて手法自体を見直す事が必要だと思います。

    初めの手法の結果はこうだったけど、この部分を変えた際はこういう結果になった。と記録を見直す事ために検証データを残す事が必要になります。少しずつ改善されて少しずついい手法になり、最終的に勝てる手法(勝てる)トレーダーになるのだと思います。

    人の作成した手法はあくまで人の手法なので、自分がトレードした際、利益確定した後に利益方向に伸びた場合損した気持ちになると思います。

    しかし自分で過去検証を行い、作成した手法であれば納得できるのではないでしょうか?

    納得できないのであれば納得できるレベルの手法を自分で作ればいいだけです。そのための時間が作れないのはただの言い訳です。

    優れたトレーダーは必ずといっていい程過去検証を行っていると思いますよ。

    まとめ

    過去検証は地味な作業ですし、時間もかかります。もし結果が全然いいものでなかった場合無駄な時間を過ごしたと思ってしまうかもしれません。でもFXはどれだけ正しいやり方で時間をかけるかで勝てるようになると私は思っています。

    それは1か月後か1年後か10年後かはわかりませんが、諦めなければ必ず勝てるようになると信じています。

    勝てるトレーダーになる事の第一歩は勝っているトレーダーのマネをする事だと思います。

    なので少しずつでいいのでまずはマネをして、そこから自分なりのアレンジを加える事で、自分に合ったトレードスタイルが確立できるようになると思いますので諦めずに一緒に頑張りましょう(*^-^*)

    ↓参考になったって方だけでいいので、良ければクリックお願いします!(^^)!


    FX初心者ランキング ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村