なぜ損切り出来ないのか?

    チャートを分析し、ここのポイントで反転するだろうと思う場所でエントリーしました。

    しかし反転せずにそのまま反対方向に動き続けます。次に反転するのはその下の水平線。ここまできたら反転するはず。と思ってポジションを保有し続けてどんどん含み損が膨らんで結局損失を増やしてしまっていませんか?

    まさにこれが『損大』の考え方です。

    確かにチャートは上下を繰り返しトレンドを作り出しています。例えばこのチャートですが、

    1時間足

    赤のラインが引いてある部分で何度も反転しています。そして4時間足でみても過去に何度も反転している箇所でもあります。なので反転する可能性は高い位置だと考えられます。

    4時間足

    初めの考え方としてはここで反転挙動が見えれば反転上昇すると思ってエントリーしているはずですが、実際は高値をどんどん切り下げるディセンディングトライアングルの形になっています。

    1時間足

    初心者の時にありがちなのが、こんなチャートを見てしまうと4時間足の反転箇所を絶好の反転ポイントとして見てしまい、もう必ず反転すると思いこんでしまいがちです。そして水平線にタッチした瞬間にエントリーして『上がれ上がれ』と願ってるのです。

    FXは上昇と下降を繰り返して徐々に上昇や下降を繰り返して行きますよね。

    エントリーした瞬間は利益は出たかもしれませんが、時間が立つと戻って含み損になります。もちろん反転してからまたここで反転するであろう箇所でしっかりと利確出来ればいいですが、利益が伸びている時は『まだ上がるだろう・もっと上がれ!』という欲が出てしまいます。

    その結果ポジションを保有し過ぎて含み益が少なくなります。

    1時間足

    含み益が減ると今度はまたいつか戻るだろうと思ってポジションを保有してしまいます。

    そしてまた含み益が少し増えます。(今度は前回の最大の含み益よりも少なくなっています)

    1時間足

    この時点で高値切り下がりのチャートになっていますが、まだ上がると思いこんでいるうちはポジションを決済できません。そして再度エントリー箇所まで戻ってきますが、また反転挙動が見えると『やっぱり決済しなくてよかった』という心理が働きます。

    そしてもしかしたら一旦下げてから急に上げてくるかもしれないから損切り位置を下にずらしておこうと損切り位置をずらします。

    1時間足

    そして何度も『もう少ししたら上がるはず』といってどんどん損切り位置をずらしてしまいます。

    1時間足
    1時間足

    結局資金の大半を失ってから『もっと早く決済しておくべきだった。』と後悔するのです。

    FXは、上がったり下がったりを繰り返してチャートが進んでいくというのをしっかりと理解していないと、今見てきたように損切り位置をずるずるずらして大きな損失を出してしまうかもしれません。

    特に損切り位置をずらして反転し、利益が出た初心者トレーダーにありがちな事だと思います。

    私も実際何度もずらしてその都度損失を増やして後悔しています。いまだになかなか損切り出来ない時もあります。

    そんな時は、今の損切り位置に引っかかった場合の損失と、ずらして損切り位置に引っかかった場合の残りの資金の差を計算してみて下さい。

    たぶんほとんどの人はトレードする前に自分のルールを決めていると思います。         ※例えば勝率〇〇%で損失許容額が資金の〇〇%まで等

    ずらして負けた場合は資金が減っているので、同じルールでトレードする場合、初めの損切り位置とずらして損切りした場合では資金を増やすのが大変になる事がわかるはずです。

    損切りする事は嫌な事ですが、トレードで稼ぐ上では必要な事なのでしっかりと受け入れる事が上達への近道だと思います。

    一度の失敗(再起できる損失)で済めばいいですが、再起できないくらいの痛手を負うのであれば、小さな失敗(許容できる損失)を何度も繰り返す方がいいですよね。

    ↓参考になったって方だけでいいので、良ければクリックお願いします!(^^)!


    FX初心者ランキング ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

      コメントを残す

      メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

      CAPTCHA