8/23日結果

    今日は8月23日に行ったUSD/CHFでのトレードです。

    日足では下降トレンドからレンジに移行してこれからどちらに行くか方向感が定まっていない状態でした。

    4時間足では完全にレンジ状態(・ω・)

    4時間足

    これをBOXレンジというかただのレンジというかどちらかわかりませんが、とりあえず、一目均衡表ではどっちつかずで移動平均線もからまっている状態です。

    ということでレンジというのは間違いない状態です。

    まず重要なのは現在がトレンドかレンジかを判断するのが重要だと思います(´ω`)そうしないと自分がどっちの方向を狙うかわからないですもんね(*’▽’)

    そこで狙いやすそうな相場であれば次は時間軸を小さくみていき、チャンスがあればエントリー。なければエントリーを見送るって感じです。

    今回は短期足で狙えそうな相場だったのでエントリーしました。

    時間軸を小さくして30分足で見て見ましょう。

    30分足

    グレーの移動平均線で何度もサポートされているのがわかると思います。という事はこの30分足が意識されている移動平均線となっているのでこのラインを下抜けた時点で下への圧力が強くなると考えました。

    30分足

    こんな感じでトレンドラインが引けてそこを下抜けました。ただここではまだエントリーしません。なぜなら意識されている移動平均線を下抜けていないからです。そこでもう少し待ってから、移動平均線を完全に下抜けて戻りを確認してからエントリーします。

    今回は上にヒゲをつくったのでエントリーしましたが本来であればもう少しまって短期足を見てからエントリーするのが理想ですね(;^ω^)

    30分足

    結果は0.91668でエントリーし、0.91357で決済。31pipsの利益ですね。

    もう少しポジションを保有していてもよかったのですが、前回の安値付近にぶつかったのと寝る前だったのが重なって利益確定してしまいました(”Д”)

    レンジが苦手な人・レンジではエントリーしないという人もいるかと思いますが、相場のほとんどはレンジ相場です。つまりトレンドフォローしている人はレンジ相場ではエントリーが出来ず結果稼ぐ事が出来ません。なのでレンジ相場でも勝てるようにならなければ専業になる事は難しくなると思います。大きな時間足で見るとレンジ相場でも短期の相場で見るとトレンドが発生している事が多々あります。今回はそんな一例です。

    同じ時間軸だけを見るのではなく、短期足に目を向けてみるとエントリーチャンスが増える可能性がある事も覚えておいて下さいね(^_-)-☆

    ただ短期足でのトレンドは大きな時間軸に比べて反転しやすいのでそこは必ず忘れないようにして下さい。

    ↓参考になったって方だけでいいので、良ければクリックお願いします!(^^)!


    FX初心者ランキング ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

      コメントを残す

      メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

      CAPTCHA