グランビルの法則

    グランビルの法則とは、緊急記者のジョセフ・E・グランビルが考案した『買いと売りを示す8つのパターン』のことを言います。具体的には移動平均線とローソク足を使って、現在は売りが優勢なのか買いが優勢なのかを見ていく分析方法です。

    1.グランビルの8つの法則

    グランビルの法則には『買いの4パターン』と『売りの4パターン』と合わせて8つのパターンがあります。チャートを見た時に、相場が急上昇や急下落している場面を見たら勢いで飛び乗りたくなってしまいませんか?それは『儲かるかもしれない』という機会損失を失いたくないという心理からそういう行動を起こさせる人間の本能によるものなのですが、そういう場合って正直高値掴みや安値掴みになっていませんか?もちろん勢いが強ければそのまま勝てる可能性もありますが、それはたまたまで毎回そんなに上手くいくとは限りません。チャートを見て相場に勢いが出ている場合でも必ず利益確定のために一時的に価格を戻してきます。グランビルの法則を理解しておけば、焦ってトレードする事が少なくなり、一時的な値動きに騙されにくくなります。ロング(ショート)狙いの場合はしっかりと落ちて(上がって)きてからエントリー出来るのでリスクリワードも低く設定しやすく、資金コントロールもしやすくなります。そのためしっかりと理解できるようにしておきましょう(^・^)

    1-1『買いの4パターン』

    ①新規買いパターン…移動平均線の傾きが下向きだった所から、水平になる場面で移動平均線を上抜きしたら買いサインとします。よく聞くゴールデンクロスの形と似ていますね。

    ②押し目買いパターン…移動平均線が上昇中で、一時的にローソク足が移動平均線を下に抜けるか抜けないかの状態で下に抜けきれなかった場合。抜けた場合や・レートが下降中でも移動平均線が上昇中であれば再上昇する可能性が高いとする見方です。ヒゲだけが移動平均線の下に抜けたりするダマシと言われるサインもよく出る場面ですね。

    ③買い増しパターン…移動平均線が上昇中で価格も移動平均線よりの上の状態から、ローソク足が横這い又は少し下降し、移動平均線に接近するも、移動平均線を下抜ける事なく再上昇する場面。ダウ理論で上昇トレンドの始まりと捉える事ができ、買い増しのサインとなります。

    ④短期の買いパターン…移動平均線もレートも下降中で、大きな剥離が発生した場面に注目。移動平均線から価格が離れすぎた場合、レートは移動平均線に戻る事が多いため(反対勢力の対抗や元々のトレンド方向にポジションを持っていたトレーダーの利確による決済)、少し戻す事を期待して短期的な買いを入れる場面。※逆張りになるのでシビアなトレードが必要になります。

    1-2『売りの4パターン』

    ⑤新規売りパターン…移動平均線の傾きが上向きだった所から、水平になる場面で移動平均線を下抜きしたら売りサインとします。よく聞くデッドクロスの形と似ていますね。

    ⑥戻り売りパターン…移動平均線が下降中で、一時的にローソク足が移動平均線を上に抜けるか抜けないかの状態で上に抜けきれなかった場合。抜けた場合や・レートが上昇中でも移動平均線が下降中であれば再下降する可能性が高いとする見方です。ヒゲだけが移動平均線の上に抜けたりするダマシと言われるサインもよく出る場面ですね。

    ⑦売り増しパターン…移動平均線が下降中で価格も移動平均線よりの下の状態から、ローソク足が横這い又は少し下降し、移動平均線に接近するも、移動平均線を上抜ける事なく再下落する場面。ダウ理論で下降トレンドの始まりと捉える事ができ、売り増しのサインとなります。

    ⑧短期の売りパターン…移動平均線もレートも上昇中で、大きな剥離が発生した場面に注目。移動平均線から価格が離れすぎた場合、レートは移動平均線に戻る事が多いため(反対勢力の対抗や元々のトレンド方向にポジションを持っていたトレーダーの利確による決済)、少し戻す事を期待して短期的な売りを入れる場面。※逆張りになるのでシビアなトレードが必要になります。

    2.グランビルの法則移動平均線設定値

    グランビルの法則は移動平均線を使用する法則です。そのため移動平均線の設定値が重要となります。移動平均線が短すぎると、エントリーが早すぎて損失につながる可能性があり、 反対に移動平均線が長すぎると、エントリーが遅すぎて利益を上げることが困難になる可能性があります。移動平均の長さは、使用する取引戦略に関連しています。短期でも長期でも、同じようにグランビルの法則を使用することは可能ですが、取引スタイルによって合わせる事が重要なので忘れないようにして下さい。

    2-1短期トレーダーの場合

    短期トレーダーの場合は、移動平均線のパラメーターを10・20・30・60あたりの期間に設定して使用します。これは単純に5の倍数を使用するトレーダーが多いための数値になります。1週間で為替市場が開いているのは5日間ですよね?つまり1週間=5=5の倍数が使われやすくなるという事です。

    しかし、5期間の移動平均線は、市場のマーケットのボラティリティーが高い場合には非常に役立ちますが、ボラティリティーが低い状態では、トレードを判断する目安としては誤ったシグナルにつながる可能性があり、損失につながる可能性もあるので注意して下さい。またこの他の数値でもフィボナッチ数に関連する8・13・21なども人気が高いので試して見るのもいいと思います。

    2-2長期トレーダーの場合

    長期トレーダーの場合は、移動平均線のパラメーターを50・100・200あたりの期間に設定して使用します。ここでも5の倍数は非常に意識されやすくなります。短期トレーダーと違う部分はより長い期間の移動平均線は短期に比べて少ないトレード回数になりますが、シグナルは短期間の移動平均線よりも強くなります。つまりダマシにあいにくいという事です。これはなぜかというと『波形の見方の誤差が少なるから』です。グランビルの法則は多くのトレーダーが意識している目線を追うために使用しているので、最も一般的な設定が一番機能しやすいという事になります。ちなみに、考案者のグランビルは200日移動平均線を想定して法則を考案したので、200日の移動平均線で用いた分析で当てはめるのが基本となります。

    3.実際のチャートで売るなら

    では次に実際に売買する場合どの様にエントリーと決済・逆指値を決めたらいいかを見ていきたいと思います。

    この場合は剥離し過ぎているので戻る勢いを見てのエントリーになります。しかし相場はまだ上向きのままなので、タイミングが重要です。上に長い髭をつけた次のローソク足でヒゲをつけたローソク足の安値を下回ってローソク足が確定したらエントリー。反転の兆し(ここではダブルボトム)が見えてきたらすぐに撤退しましょう。ここであればある程度下がった時点で逆指値を建値まで移動させておくのがいいと思います。

    ②高値が更新出来ずダウ理論の定義が当て余らなくなってから移動平均線を下抜けたらエントリーになります。この場合の逆指値は下降の起点となった少し上に置いておきましょう。決済ポイントは最高値の起点となった部分あたりがいいと思います。

    ③移動平均線がレジスタンスとなっています。エントリーは移動平均線の少し上で逆指値は直近の高値の少し上付近。利確目標は前回安値の少し上あたりが望ましいです。移動平均線を実体で抜けてきているので逆指値を上に設定し過ぎていると大きな損失に繋がる可能性が高いので注意が必要です。

    ④こちらも③と同じく移動平均線にタッチしたあたりでエントリー。前回移動平均線で意識された価格帯は同じ様に意識される可能性が高くなります。そのため移動平均線にタッチしたと同時にトーレーダーが一斉に売りでエントリーして価格が一気に押し戻されて長い上ヒゲをつける形で確定しています。この様なプライスアクションが出た場合は逆に反対方向に動きやすいためチャンスとなります。しかし安値が何度も更新できなかった時点でポジションを決済するか、移動平均線を上抜けてきた時点で決済していいと思います。

    3.実際のチャートで買うなら

    この場合は剥離し過ぎているので戻る勢いを見てのエントリーになります。しかし相場はまだ下向きのままなので、タイミングが重要です。下に長い髭をつけた次のローソク足でヒゲをつけたローソク足の高値を上回ってローソク足が確定したらエントリー。反転の兆し(ここでは移動平均線での反転)が見えてきたらすぐに撤退しましょう。ここであればある程度上がった時点で逆指値を建値まで移動させておくのがいいと思います。

    ②安値が更新出来ずダウ理論の定義が当て余らなくなってから移動平均線を上抜けたて確定したらエントリーになります。この場合の逆指値は上昇の起点となった少し下に置いておきましょう。決済ポイントは大きく落とした最安値の起点となった部分の下あたりがいいと思います。

    ③移動平均線が下抜けていますがサポートとなっている部分です。エントリーは移動平均線の少し上で反転の兆しが見えてからのエントリーが望ましいです。逆指値は直近の安値の少し下付近。利確目標は前回高値の少し上あたりが望ましいです。移動平均線を実体で抜けてきているので逆指値を下に設定し過ぎていると大きな損失に繋がる可能性が高いので注意が必要です。

    ④こちらも③と同じく移動平均線にタッチしたあたりでエントリー。前回移動平均線で意識された価格帯は同じ様に意識される可能性が高くなります。そのため移動平均線にタッチしたと同時にトーレーダーが一斉に買いでエントリーして価格が一気に押し戻されて下ヒゲをつける形で確定しています。この様なプライスアクションが出た場合は逆に反対方向に動きやすいためチャンスとなります。しかし高値が更新できなかった時点でポジションを決済するか、移動平均線を下抜けてきた時点で決済した方がいいと思います。

    まとめ

    グランビルの法則には多くのエントリーポイントが組み込まれています。

    法則をしっかりと見つけてしまえば焦ってエントリーをして高値掴みをしてしまう事も少なくなります。

    利確目標をしっかりと決めておくことでせっかくの利益を無くしてしまうことも減るでしょう。

    しかし、これだけで勝てる程FXは甘くありません。しっかりとプライスアクションを見て、相場参加者の心理もしっかりと考えてエントリーする様にして下さい。

    また、8つの法則を紹介してきましたが、実際にエントリーするのであれば、勝率の高い①と⑤のパターンだけでエントリーする方がいいと思います。この2つはブレイクアウト手法であり他のエントリーポイントに比べて勝率が高くなりやすいです。※あくまで高いだけで相場に絶対はないので注意が必要。

    たくさんエントリーするという事はたくさん負ける可能性もあるという事ですので、自信を持ってエントリー出来ないのであればエントリーしないという事も大切です(^・^)

    確実な所で確実に利益を掴み取っていけば資金は増えていきます。

    焦らずじっくり考えてエントリーしましょうね(^_-)-☆

    ↓参考になったって方だけでいいので、良ければクリックお願いします!(^^)!


    FX初心者ランキング ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

      コメントを残す

      メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

      CAPTCHA