通貨ペアは絞るべきなのか?

    今回は通貨ペアを絞った方がいいのか?それとも1つの通貨だけに時間を割いて勉強した方がいいのか?を疑問に思っている方も多いと思うのそんな疑問にお答えしたいと思います。

    人それぞれFXのやり方やルールが違うと思いますので、一概には言えませんが、私の個人的な意見としては

    ①慣れるまでは1つの通貨ペアをとことん追求し、通貨ペアの特徴をしっかりと把握する。

    ②①が出来るようになったら他の通貨ペアを見る。

    これがいいのではと思います。では細かく見ていきたいと思います。

    ↓↓あなたのクリックが応援になります。よろしくお願いします!


    FX初心者ランキング ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

    ・1つの通貨ペアに絞った際のメリットとデメリット

    初心者のうちは1つの通貨ペアで取引をする事をお勧めします。

    なぜ1つの通貨ペアで取引する事を勧めるかというと、初めから様々な通貨ペアで取引をする事は、はっきり言って無謀だと思うからです。

    勝つ事に重要な事は何でしょうか?

    それは勉強をするという事です。

    あなたがもし将来医者になりたいと思っているとして、医者になるための勉強と薬剤師になるための勉強と弁護士になるための勉強と建築技師になるための勉強を、一緒にしながら医者になれると思いますか?

    たぶん天才でない限りは1つの目標も叶わないと思います。もちろん時間をかければ1つずつの資格は取れるかもしれませんが、それでは莫大な時間がかかってしまいます。

    医者になりたいのであれば医者の勉強に集中するべきですよね。

    FXも一緒です。通貨ペアがたくさんあって、ボラティリティーも通貨毎に様々で、色んな通貨ペアで取引してみたいと思うでしょうが、まずは1つの通貨ペアで勝てる方法を学ぶのが上達への最短の近道だと思います。

    おすすめ通貨は米ドル円(USD/JPY)です。

    なぜ米ドル円(USD/JPY)かというと、米ドル円は身近な日本円が絡んでいるということもあり、参考になりそうな情報が手に入りやすいからです。またボラティリティーが低く、急上昇急下落が少ないため、初心者でありがちな価格の急変動時に慌てて決済するという事が少ないからです。

    情報が手に入りやすい通貨だからこそ、その情報を手に入れた後、相場がどの様に動くかなどを自分の目で確かめ、『この状況の場合はこう動いたから、この状況の場合はこう動くだろう』と予想をつける事が出来ます。そうやって仮設→検証を繰り返し1つの通貨ペアの特徴や値動きをしっかりと把握する事で勝ちやすくなります。

    1つの通貨ペアで売買をしているうちに『どこでエントリーするのがいいのか』が次第に気づく事が出来るようになります。。それから他の通貨を確認し、使えそうな場合他の通貨ペアで1つずつ試して見る通貨ペアを増やしていくのがいいのではないでしょうか。

    メリット

    • 通貨ペアの特徴を把握しやすい(集中して勉強する事が出来る)
    • トレードする際のシナリオを立てやすい(じっくりと時間をかけてトレードに臨める)
    • 1つの通貨ペアだけなので大きいLot数をかける事が出来る

    デメリット

    • 他の通貨ペアでトレンドが出ていてもトレード出来ない
    • 相場がレンジ状態の時はトレード出来ない
    • 想定外の動きの際に損失を取り戻しにくい

    多数の通貨ペアを見た際のメリットとデメリット

    では多数の通貨ペアで取引する場合のメリットとデメリットは何でしょうか?

    ドル円・ユーロ円・ユーロドル、この3つは相関関係にあります。

    デイトレードやスキャルピングスタイルで取引をする場合、この通貨相関や時間帯の影響を強く受ける事があります。

    例えば

    ドル円が急上昇したとします。

    その場合ドルが買われて円が売られて価格が変動しているため、ユーロ円は円が売られてユーロが上がる可能性が高く、逆にユーロドルはドルが買われているためユーロが下がる可能性が高くなります。

    もちろんユーロ自体も売ったり買ったりされているため一概には言えませんが、そうなる可能性は高いため、それぞれのチャートを見比べて、より動きの大きい通貨ペアで取引をする事でより多くの利益を取る事ができやすくなります。

    この様に1つの通貨ペアで見ると見えなかったチャンスが、様々な通貨ペアを見る事で増やす事が出来るのがメリットと言えると思います。

    しかし、ドル円が急上昇した=円が下がったという事だから、他の通貨ペアでも一緒だと勝手に決めつけてしまうと大きな損失を出してしまうかもしれませんので注意が必要です。

    複数の通貨ペアを見る事はチャンスを増やすという事ではメリットですが、多くの通貨ペアを見過ぎても迷いが生じトレードの一貫性を失い、結果1つの通貨ペアだけで取引していた方が利益が多かったなんてことにもなりかねませんので、あまり多く見過ぎるのもおすすめできません。

    また各通貨ペアの特徴も1つずつ把握しなければならないため、初めは頭がこんがらがって1つ1つの特徴を把握する事が難しく、中途半端な知識でトレードする事になるので、見るとしても

    USD・EUR・JPY・GBP・AUD・CAD・NZDの主要7通貨の中で自分の得意な通貨ペアに絞って取引をする方がいいと思います。

    メリット

    • チャンスが頻繁におとずれる可能性が高くなる
    • 相関関係からトレードの軸となる通貨ペアを選ぶ事が出来る
    • Lot数を減らして分散して取引できるためリスク管理がしやすい
    • ボラティリティーの高い通貨ペアで短時間で高利益を上げるやすい

    デメリット

    • チャンスが多くて色々な通貨ペアで取引をしてしまう(通貨に目移りする)
    • 同じ通貨を含むペアばかりで取引してしまい全ての通貨ペアで損失を出す恐れがある
    • 取引量が増えるので資金管理を怠り勝ちになってしまう
    • 1つの通貨ペアの勉強する時間が少なくなり、中途半端な知識で取引をしてしまう

    まとめ

    1つの通貨ペアで取引をする場合でも、多数の通貨ペアで取引をする場合でもどちらもメリット・デメリットの双方が含まれています。

    大事な事は

    ・自分のルールを変えない

    ・1つ1つの通貨の特徴をしっかりと把握する

    ・資金管理を徹底する

    ・相場の値動きに惑わされない

    ・トレードシナリオをしっかりと立てる

    ・わからない相場ではトレードしない

    といった事をしっかりと頭に入れておく事です。

    これが難しいのであれば、1日の始まりに『今日はドル円ではロングでしかエントリーしない』という様に通貨ペアごとにエントリーを割り切ってしまいましょう。

    『今日はロングもショートも狙っていってやる!!』という気持ちでチャートを見ると、どんな値動きも『機会損失』に感じてしまいます。

    価格が上昇すると『やっぱりあの時ロングしていれば…』と落ち込みますし、価格が下降すると『ショートでエントリーしなきゃ!』と焦ってしまい、感情に振り回されてしまいます。

    感情的になっては合理的で適切な判断がしにくくなります。

    方向を絞る事だけで値動きに惑わされにくくになりますよ。

    この様に自分で自分の事を決める(制限する)事でFXの技術が上がるかもしれません。まずは通貨ペアを絞り、狙う方向を絞り、エントリーしてみて下さい(^_-)-☆

    ↓参考になったって方だけでいいので、良ければクリックお願いします!(^^)!


    FX初心者ランキング ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

      コメントを残す

      メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

      CAPTCHA