5月25日・26日結果

    ここ最近の流れとしてはCHF・EURが上昇トレンドという流れだったのでこの2つの通貨ペアを軸にトレードを行いました。

    1本目 EUR/USD 上昇の勢いが強く成行でロングで入ったのだが、高値掴みでストップロス

    敗因:短期での上昇の勢いに騙された。上位足で引ける水平線の確認不足

    2本目 EUR/JPY こちらは上位足の水平線を抜けたためロングでエントリー、逆Vの形でそこから下降トレンドに変換しストップロス

    敗因:押し目を待てなかったのが一番の敗因、短期トレードだったので水平線の部分で逆張りを仕掛けた方が良かった可能性が高い

    3本目 EUR/JPY 2本目のトレードを活かし逆張りでショートでエントリー、狙い通りに動いたため利確まで到達

    勝因:2本目のトレードで早めに下降の波を確認したために、逆張りを仕掛け波の初動を掴む事が出来た。ポジションをずっと保有していたらもっと利益は伸ばせていたが、逆張りのため欲張らなかったのが良かった

    4本目 EUR/NZD 経済指標発表後150Pips程度の急下落があったため、落ち着いてきた時をまって逆張りでエントリー。そのまま下降の勢いが強くストップロス

    敗因 下降の勢いを見極められていなかった。水平線は機能していたのだが急下落・急上昇は半分程度まで戻ると勝手な思い思い込みをしていた

    5本目 EUR/AUD  急下落の後の急上昇の戻しをロングでエントリー 

    勝因:4本目のトレードと同じミスをしない様に、短期足での下降の始点を超えるのをしっかりと確認してからエントリー。目標値も下降の起点で引ける水平線の少し下に設定し、利確まで到達

    6本目 EUR/USD 上昇トレンド中だが下位足で下降の勢いが強く下降トレンドが形成されていたので、押し目をまってショートでエントリー 利確まで到達

    勝因:上昇トレンドだからといってロングでエントリー機会を待つのではなく、下位足で下降トレンドが形成されているならばと、損失を限定し積極的に攻めた事が良かった

    7本目 USD/CHF 下位足で急上昇急下降急上昇と波が変わっていたのを確認。CHFは戻しがけっこう深い通貨と思ってるので、次の水平線までは戻ると思いロングでエントリー 無事に利確目標の水平線まで戻り利確

    勝因:長期目線では下降トレンド真っ最中だったが、通貨の特徴を把握出来ていたために、エントリー出来た。

    この2日間の結果は4勝3敗でした。こうやって1つ1つのトレードを振り返ると『なぜそこでエントリーしたのか?」を冷静に確認する事が出来ます。その中で成功トレードではなく、失敗トレードに目を向けてみると自分が失敗する場合はどんなトレードかがわかりやすいと思います。

    私の場合は、『値動きの勢いに騙されやすい。エントリーしたいがためにしっかりと押し目を待てない』といったダメな部分が浮かび上がってきました。ここを改善するだけで負けトレードが減らせると思います。負けトレードが減れば資金は増えていきます(*^_^*)

    『検証』は非常に大事です。まだしていないという方はぜひ一度自分のトレードを『検証』してみて下さい(^_-)-☆

    ↓参考になったって方だけでいいので、良ければクリックお願いします!(^^)!


    FX初心者ランキング ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

      コメントを残す

      メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

      CAPTCHA