エリオット波動

    エリオット波動とは『相場にはサイクルがあり、値動きには一定のリズムがある』という事を米国で活躍した株式アナリストのラルフ・ネルソン・エリオットが編み出した理論の事です。

    エリオット波動の基本形は、推進5波・修正3波です。

    例えば相場が上昇トレンドの場合は5つの波動を描いて上昇し、3つの波動を描いて下降します。

    逆に下降トレンドの場合は5つの波動を描いて下降し、3つの波動を描いて上昇します。

    簡単に言うと、

    上昇相場は『上げ→下げ→上げ→下げ→上げ』から『下げ→上げ→下げ』になり、

    下降相場は『下げ→上げ→下げ→上げ→下げ』から『上げ→下げ→上げ』になりますよという事です。

    上昇の波動
    下降の波動

    ①エリオット波動の3原則

    エリオット波動には、以下の3原則があります。

    • 原則①:推進波において3波は1波、3波、5波の中で最も短くはならない
    • 原則②:推進波の中で2波が1波の始点を超えて修正することはない
    • 原則③:推進波の中で4波が1波の高値を割り込むことはない

    つまり、原理を簡単に図で表すと下の図ようになります。

    要約すると、基本的にはダウ理論に基づいており、高値を更新出来なかったら下がり、安値を更新出来なかったら上がりトレンドが変わります。その波が図の様になっています。という事です(*^_^*)

    ②エリオット波動の波の性質

    エリオット波動には推進5波・修正3波の波があると説明しましたが、波にはそれぞれ特徴があります。以下は上昇5波と下降3波の特徴です。(下降5波と上昇3波は真逆になります)

    第1波】

    下降してきてそろそろ転換するだろうとトレーダーたちが買いを入れてくるポイントになります。この時点ではまだ転換しない可能性も多いにあるため、勝率はあまり高くありません。エントリーするのであれば逆方向に行った場合にすぐに損切り出来るようにしておくべきです。また波が短い事もあり、そもそも気が付きにくいので狙いにくい部分になります。トレンドの判断が難しいのでエントリーは控えた方がいいと思います。今後トレンドが転換するかもしれないという判断が出来るようになればいい段階です。

    第2波】

    第1波の調整下落で、第1波の始点を下に割ることない範囲で下がります。フィボナッチリトレースメントの値で50や61.8まで下げてくれると狙いやすくなります。ここまで下がって反発を確認したら第3波を狙いに行きましょう。第1波のフィボナッチのどれかの数字で反応する事が多いのも特徴です。

    第3波】

    ここの波が一番分かりやすく乗りやすい部分です。多くのトレーダーもトレンドだと判断してエントリーしてくるのでどんどんトレンドが伸びていく段階です。第3波は一番短くなることはなく、比較的大きな波になりやすいです。

    第4波】

    第3波に対する調整の下落。押し目買いや損切りなども入ってくるので、かなり複雑なチャートになりやすい部分です。狙いにくいため第4波だと判断した場合は切り替えしの第5波を待って狙った方が賢明です。第4波は第1波の高値付近で止まって反転することが多いのでそうなった場合に積極的に狙っていきましょう。

    第5波】

    最後の波になるため伸びしろは少ない。エントリーするのであれば欲張らずに利確していく場面。高値不安から上昇の勢いもだいぶ失われてきて逆のポジションを持つトレーダーも現れてきます。第3波の高値を更新したからという理由でエントリーする事はおすすめできません。なぜならすぐに下降3波に入る事も多いからです。しかし第3波が短かった場合はこの第5波が大きくなるケースもあります。

    【下降1波(A波)】

    上昇5波の調整の下落と見分けがつかないためエントリーは控えた方がいい部分。エントリーが非常に難しい部分。上昇4波の底を目標に下降していくことも多い。ここで上昇の押し安値を突破してきたら下降の第3波をしっかり狙っていくのが理想。

    【下降2波(B波)】

    下降の第1波ではまだ上昇トレンドは終わらないと思っているトレーダーの買いが入るタイミングで上昇してくる動き。上昇5波の高値を超えてきたら波をもう一度見直さなければならない可能性も出てきます。第5波の高値を更新してから落ちてくるパターンもけっこうあるので判断が難しい場面である。しかし下降の第2波であると予測しなければ下降の第3波が取れないためフィボナッチリトレースメントなどを活用し観察するのが理想。ただ上昇の時ほど参考にならないので注意が必要。

    【下降3波(C波)】

    下降3波はトレンドが転換し一気に下落する可能性を秘めているため、ここを狙うトレーダーも多くなり、積極的に取りにいきたい部分。下降第1波の安値を更新していけば一気に伸びていく可能性が高い(ブレイクアウト)

    フィボナッチリトレースメントは下記の記事をご覧下さい

    ③波動の種類

    エリオット波動には6つの種類があります。

    ①I波動:I波動とは一気に上がったり下がったりするもの

    ②V波動:V波動とはI波動が上げ・下げ(下げ・上げ)と連続して続きVに見えるもの

    ③Y波動:高値も安値も更新していく相場でブロードニングフォーメーションとも呼ばれる。相場が不安定な時に出てきやすいもの

    ④P波動:Y波動とは逆で高値も安値も近づいてくる相場でペナント・三角保ち合いといわれるチャートパターン。ブレイク狙いが効果的

    ⑤N波動:全ての波動の基本となる形。相場はNを描きながら動いていくといわれています。

    ⑥S波動:レジサポ転換の事。ロールリバーサルとも呼ばれる。

    波動がはっきりと相場でみれるようになれば優位性の高いトレードがしやすくなります。なぜならその後の動きが予測しやすいからです。そのためしっかりと波動を頭に叩き込んでおきましょう。大事なのはなぜこの形を取ったのか、そして形を形成したあとはどのように動いていきやすいのかを知る事です。ただ波動の波を覚えるのではなくチャートを形成した値動きの本質を考える事がトレード上達の近道です。

    ④エリオット波動のメリットとデメリット

    エリオット波動はこれまで説明した通り今後のチャートの動きの予測が立てやすくなる理論ですが、きちんとメリットとデメリットを知っておく事で偏った見方を避ける事が必要です。下記のメリットとデメリットをしっかりと覚えておいて下さい。

    ≪メリット≫

    ・どの時間軸でも分析可能である・見方がシンプルである・先の展開を予想しやすい・相場の流れが読みやすい・トレンドに後乗りしやすい

    ≪デメリット≫

    ・あくまで理論であるため客観的な根拠がない・エリオット波動のみでトレードルールを作成する事が難しい・他のテクニカル指標などが必要となる・複数の見方が出来てしまう

    まとめ

    エリオット波動は、明確な売買シグナルを出してくれるわけではないので一見、とっつきにくく、使いづらく感じるかもしれません。しかし、値動きを「上昇5波・下降3波」という視点でとられることで、「相場は今、何番目の波の中にあるのか?」「波の数から考えて、この相場はそろそろ終わりではないのか?」「新しい波動入り後、どの波でエントリーすべきか?」
    といった売買プランを考えるうえで、非常に参考になると思います(>_<)

    あくまで単体で考えずに移動平均線や一目均衡表などを使いトレンドを視覚的にわかりやすくし、その上で波動を見るとなおわかりやすいのではないかと思います(=゚ω゚)ノ

    ↓参考になったって方だけでいいので、良ければクリックお願いします!(^^)!


    FX初心者ランキング ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

      コメントを残す

      メールアドレスが公開されることはありません。

      CAPTCHA