5月14日結果

    本日は3本トレードを行いました。

    1本目:USD/CHF

    下降トレンドが出来ている中、戻しが深く一度は起点近くまで戻ってきたのですが、未だ移動平均線では長期SMAを抜ける事がなく、また水平線でしっかりとレジスタンスされていたためショートでエントリー。目標は下の〇の部分だったのですが、週をまたぐトレードになるため途中で決済。   +16.3PIPS

    USD/CHF4時間足

    2本目:CHF/JPY

    こちらは上昇トレンド中。押し目を待ってエントリーポイントを探っていたのですが、なかなか落ちて来ず中途半端な所で入ってしまいました。週をまたぐトレードになるためこちらも途中で決済。 結果+5.7Pips 

    CHF/JPY4時間足

    2本目:GDP/USD

    こちらも上昇トレンド中。日足で長い上髭をつけた事で下降にトレンドが転換すると思われがちでしたが、実際は長期移動平均線で支えられまた上昇トレンドに回帰。日足で見ると起点の部分でダブルボトムを形成していました。つまりまだトレンドは継続すると踏んでタイミングを計りロングでエントリー。結果+58.2Pips こちらは時間内に目標値まできちんと到達してくれました。

    EUR/USD4時間足
    EUR/USD日足

    ポジション保有画像

    今回反省する点としては重要な経済指標の発表があった時点でポジションを保有した事ですね。正直どちらに転んでもおかしくはかなったと思います。テクニカル分析でうまくいっていたとしてもファンダメンタルズの方で逆方向にいく事なんてざらにありますもんね(;^ω^)

    ただ今回はそうなってもいい様に、あらかじめ損切り位置を自分が許容出来る損失幅にずらしていました。また利益が出ているトレードに関しては建値まで戻していたためほぼ損失が出ない状態にしていたために経済指標の発表前でも決済しませんでした。後もう1点、この発表の時にずっとパソコンの前に座っている時間が出来ていた事が一番大きいかもしれません。普段は仕事でチャートに張り付く事が出来ないのですが、今回経済指標の発表時にポジションを保有した状態でどの様にチャートが動くかをしっかりと見ることが出きました。すごい勢いでチャートが上下に揺れるのを見ると若干心がざわめきますが、慣れてきたのかけっこう平常心で見る事が出来ていました。ポジションを持ってみるのと持たずに見るのとでは全然違います。デモと本口座でも全然違います。損失の許容をしっかりと把握していればどちらに転んでも落ち着いて見る事が出来ます。

    小ロットでエントリーすれば損失もしれているので試してみるといいかもしれませんね(^_-)-☆

    ↓参考になったって方だけでいいので、良ければクリックお願いします!(^^)!


    FX初心者ランキング ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

      コメントを残す

      メールアドレスが公開されることはありません。

      CAPTCHA