5/5日結果

    今日はEUR/USDで逆張りのトレードを行いました。約15Pips程度の利益ですが、逆張りする際にどういった所に注意すればいいかを動画にとっているので見て下さい。

    注意する点がいくつかあります。

    ①サポートされる抵抗体があるかどうか(各時間足で確認)

    過去に何度も反発されている箇所がなければエントリーは見送ります。逆張りはトレンドに逆らう手法なので思っていた方向と違う方向に動いた場合すぐに損失が膨らんでいくので必ずサポートされるであろう抵抗体があるかどうかをしっかり確認する事が大切です。

    ②短期足できちんと反発しているか確認(特にチャートパターンが出ているかどうか)

    例え過去に何度もサポートされていたとしても同じ様に反発するかどうかはわかりません。しっかりと短期足のトレンド転換のサインを確認してからエントリーする事をおすすめします。ただ待ちすぎると利益が減ってしまうのでタイミングが重要です。

    ③損切り幅の設定をしっかりとする(損切り幅を広げない)

    逆張りは損失が膨らむ可能性が多いに考えられるため、思った通りに相場が動かなかった場合はそのまま損切りを受け入れましょう。『もう少ししたら上がるはず』と考えるのは自分にとって都合のいい様に考えているだけで、相場の動きが正解です。ポジションを保有し続けても損失が拡大していく一方になりやすいのでしっかりと損切りをし次のトレードに向けて気持ちを切り替える事が重要です。

    ④利益確定を欲張らない

    短期足でトレンドが転換して勢いがあるからといってそのまま上がり続ける事はほとんどありません。短期足の動きは長期足の動きに流されやすいというのを忘れないでください。この場合長期足は下降トレンド中なので、その流れに逆らえずまた戻る可能性が高いです。

    逆張りをしかける際はこの様な事に注意しながらトレードを行うといいと思います。

    狙える値幅が少ない場合はエントリーしない方がいいですよ(*‘∀‘)

    ↓参考になったって方だけでいいので、良ければクリックお願いします!(^^)!


    FX初心者ランキング ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

      コメントを残す

      メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

      CAPTCHA